概要

Tello Flightは、JforF Labが開発しているDJI製ホビードローンのTelloをScratchでプログラミングするツールの総称です。
本ページでは、開発中のTello Flightのプロトタイプを一般公開しています。

以下のことを守っていただければ、どなたでも利用することができます。

利用上の注意

  • 本ツールの再頒布を禁じます。
  • 本ツールは64bitマシン向けのみの提供です。
  • 本ツールは開発中のプロトタイプであり、利用によって生じた損害・トラブルにJforF Labは一切関知しません。
  • 正式版公開と共にプロトタイプの公開は終了予定です。
  • 本ツールは開発中の物であり、告知なしにアップデート/公開終了をする可能性があります。
  • ホビードローンは風に弱いので、使用は屋内での利用に限ります。
  • 人の密集地帯やその他ドローンの飛行が禁じられている場所での利用は行わないでください。

ダウンロードリンク

以下から「Scratch3.0 from JforF Lab」と「Tello Flight beta」およびランタイムをダウンロードしてご利用ください。

使い方

セットアップ

まず、ダウンロードしたランタイム2つをインストールウィザードに沿ってインストールしてください。

次に「Scratch3.0 from JforF Lab」と「Tello Flight beta」 は任意のディレクトリ上に展開してください。

動かしてみる

「Tello Flight beta」 を起動します。
起動すると、以下のような黒画面が出てくると思います。

この真っ黒な画面が出てくれば、OKです。
閉じずにそのままにしておいてください。

次に 「Scratch3.0 from JforF Lab」 を起動します。
以下の画面が出てくると思います。

画面左下の拡張ボタンを押下します。
拡張メニューが出てくるので、「Tello Flight」を選択します。

編集画面にTello Flight用のコマンドブロックが追加されました。

あとはScratchの作法に従ってプログラムを組んでみます。
今回は、離陸 → 右90°旋回を4回実施 → 着陸 という流れにしてみます。

※現バージョンでは、コマンドの後に待機時間を設定する必要があります。
※目安として、離陸後は7秒、移動/旋回後には3秒程度の待機時間を設定してください。

作成したプログラムは以下のようになります。

あとは、一番上のブロックまたは右上の旗アイコンをクリックすれば上から下への流れでプログラムを実行します。

応用編

前後左右の移動ブロック、旋回ブロックのほかにドローン自身がでんぐり返しをするフリップ、Telloのカメラ映像を取得するFPV(マシン性能の都合で遅延がかなりあります)も用意しています。

Telloをお持ちの方は、ぜひこれらも組み合わせてドローンプログラミングを体験してみてください。

もし、Telloのご購入を検討されている方は、以下からご購入できます。

後援

Tello Flightは、以下の組織(敬称略)の後援を得て開発を進めております。
この場を借りて、ご支援いただいたことを厚く御礼申し上げます。