Minecraft マルチサーバーβ公開

新しく契約したサーバーにマインクラフトのマルチサーバーを公開しましたのでお知らせいたします。
今回はβ公開という位置づけですが、ホワイトリストに登録したユーザーは自由に遊んでいただけます。

公開の目的

以前に仕事で小学校を訪れた際に小学生たちの間でマインクラフトが話題になっていることに気づきました。
教員の方々も子どもたちの興味を持っているものを活用しての教育を行いたいニーズがあることも同時に分かりました。

昨今、Scratchとマインクラフトとを組み合わせたプログラミング教材を作っている方やマインクラフトのレッドストーン回路などを活用してワールド上で教育コンテンツを展開されている方々がいます。

私も、一人のマイクラプレイヤーとして、一人の開発者としてなにかできないかなと思い、マルチサーバーと何かを連携した環境を開発してみたいと思い、サーバーを公開した次第です。

現在はマルチサーバーとコマンドブロックなどで何ができるのか、サーバーのjarファイルの改造方法などを調べる目的でのサーバーの公開になっています。
あとは、同時接続人数の契約したサーバーでの許容範囲の情報収集などが主な目的ですね。

なので、当面の間(少なくとも令和元年中)はフリープレイサーバーとして公開します。
マップを極端に荒らされると困るので、そこはホワイトリストでの登録制としました。

今後の展望

まずはScratchとの連携で、任意の位置にブロックを生成するScratch – マインクラフト間の連携から検討してみたいと思います。
できるだけカスタマイズする機能はサーバー側で吸収し、プレイヤーのクライアントプログラムは市販されているもの(俗称:バニラ)の状態で遊べる環境を目指します。

あとは、私がせっかくドローン協会のメンバーということもあるので、Scratchのブロックプログラミングをした内容でドローンをマイクラ世界で飛ばしてみたりできたら面白いかなと思っています。

マルチサーバーへ参加希望の方へ

現在は、v1.14でのマルチサーバーを公開しています。
上記の目的があるため、突然のメンテナンスで一時的に入れなくなる可能性があることを予めご承知おきください。

以下、簡単にですがサーバー内でのルールになります。

マイクラマルチサーバー内暫定ルール

  • 建築勢や冒険勢が共存できる環境を目指しましょう
  • 原則としてクリエイティブモードは禁止です
    • なので、資材はみんなで共有して使いましょう
  • 整地をひたすら行いたい場合は、初期スポーン地点からかなり離れた場所で行いましょう
  • 他人が建てたものを勝手に破壊するのは禁止です(壊したい理由がある場合は事前に管理者へ相談してください)

これらに同意できる方で、マイクラIDを本マルチサーバーのホワイトリストに追加したい方は、こちらからご連絡ください。
できるだけ早期にホワイトリストへの追加と接続先をお知らせします。

最終的にただのマルチサーバーになってしまう可能性もありますが、開発で面白いことができないか、チャレンジしてみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

開発治具のススメ

次の記事

Web版Scratchサイト公開